ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズについて

ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズはアクティブ運用を行う世界有数の資産運用会社であり、顧客の長期的な投資目標の達成を支援すべく業務を行って います。

ジャナス・ヘンダーソン・
インベスターズについて

ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズは、独自のアクティブ運用手法を駆使し、様々な市場サイクルを通じて、市場をアウトパフォームする機会を顧客の皆様に 提供しています。そのため当社では、適正な水準のリスクを取りつつ、様々な商品や戦略を提供することを目指しています。短期の市場見通しでは、過去10年 間と比較して各資産のリターンは相対的に低く、また値動きが不安定となる可能性があります。こうした状況下では、アクティブ運用の重要性が大きく増すと予想 されます。

また世界では技術革新が急速に進んでおり、それに伴って人々の生活様式が変化しつつあります。こうした状況は、不安材料として投資目標の達成を阻む 要因となる可能性もありますが、投資テーマの観点では、変革に伴う創造的破壊は困難と機会の両方をもたらします。ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズの運 用プロフェッショナルは、その経験を活かし、変革がもたらすプラス面、すなわち収益獲得機会を見出すことにより、リスクに見合ったリターンの獲得を追求しています 。ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズは、変化の激しい世界においても市場を的確に予想し、安定したパフォーマンスを上げていくことを目指しています。

Richard M. Weil | Janus Henderson Investors「ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズに在籍する運用プロフェッショナルは、豊富な運用 経験と世界水準の運用力を有しています。私たちはグローバルな営業チームのネットワークを通じてお客様とのパートナーシップを築き、お客様にとって有益な投資 アイデアをご提供することに尽力しています。」”

ディック・ワイル、CEO(最高経営責任者)

出所:ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズ。従業員数は2020年03月31日現在。
運用資産残高(AUM)は2019年03月31日現在、ただし上場投資証券(ETN)の運用額を除く。

運用サービス

ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズは350名を超える運用プロフェッショナル*を擁しています。株式から債券、マルチアセット、オルタナティブに至るまで、世界の 運用業界で活躍する、卓越した知見を持つ専門家が運用を行っています。運用チームは、綿密な分析、体系的なプロセス、徹底したリスク管理と、各運用担 当者の知見、独自性、綿密性を組み合わせながら運用を行っています。世界に先駆けて変化を予想し、かつ適応し、優れたリスク調整後リターンを上げること、 それが運用チームの目標です。

ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズは個人投資家から機関投資家まで、世界中に広がる顧客基盤を有しており、お客様との関係を最も重視する私たちの 方針を評価頂いているお客様から、 294.4 十億米ドル 十億米ドル を超える運用資産をお預かりしています*。私たちはアクティブ運用の重要性を確信しており、率直さと信頼に基づく パートナーシップをお客様との間に構築し、豊富な経験に基づいた専門知識をお伝えしたり、適切なタイミングで運用プロフェッショナルの見解をご紹介する、といっ た取り組みを行っています。私たちはこの取り組みを「Knowledge Shared(ナレッジ・シェアード)」と呼んでいます。

Enrique Chang | Janus Henderson Investors「お客様が投資目標を達成することこそがジャナス・ヘンダーソン・インベスターズにとっての 成功と言えます。私たちは長年にわたりアクティブ運用を手がけており、積み上げてきた専門知識を駆使し、あらゆる投資環境においてお客様の投資目標を実現 するためにサポートしたいと考えています。」”

エンリケ・チャン、CIO(最高投資責任者)

ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズはお客様への運用サービス提供において以下の点を重視します。

  • 受託者責任の順守: US$359.8bn 十億米ドル*に上るお客様からの受託資産の運用責任を重く受け止め、徹底したリスク管理の下、綿密な分析に基 づいて投資判断を行い、お客様の投資目標の達成を目指した運用を行います。
  • アクティブ運用による付加価値の創出: 運用チームは、真の意味でアクティブな運用を行っており、専門的な知見と独自性を活かし、市場 の非効率性から収益獲得機会を見出すべく努めています。
  • 変化を捉える力: 専門知識を活用し、変化から生じる「創造的破壊のプラス面」すなわち収益獲得機会の発掘に努めており、学び続け る組織として、常に知的に進化し続けることを目指しています。
  • パートナーとしての安心感: お客様の投資目標の達成こそがジャナス・ヘンダーソン・インベスターズの運用アプローチの核心です。私たちは 健全な財務基盤の下で多彩な運用能力を駆使し、お客様の投資目標達成をサポートします。
  • 投資判断に役立つ専門的知見の提供: Knowledge Shared(ナレッジ・シェアード)という取り組みを通じて、市場イベント、投資テーマ、 技術革新などに関する当社の見解をご提供することにより、お客様の投資判断をサポートします。

* 30 June 2019

沿革

豊かな伝統

ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズは、互いに補完的な特徴を持つ二つの運用会社が2017年に合併し、誕生しました。前身となる二社のルーツは数十年 前に遡ります。米国に本拠地を置くジャナス・キャピタル・グループは1969年の創業で、企業リサーチに基づく運用アプローチに強みがありました。ヘンダーソン・グロー バル・インベスターズは1934年に英国で設立され、やはり主に企業分析に基づくボトムアップ型の運用戦略を提供していました。ジャナスとヘンダーソンはそれぞれ異 なる地域に主要な顧客基盤を築いていたため、両社の対等合併により、運用能力においても、ビジネスの視点においても、真の意味でグローバルな運用会社が 誕生しました。

将来に向けた強み

ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズは多額の運用資産を有し、幅広い運用力を備えたグローバルな組織を築き上げています。資産運用ビジネス、当局によ る規制、お客様を巡る環境などの変化が著しい現代にあって、グローバルな運用能力とサービス体制は一層重要となります。私たちは、進化を続けることにより、 様々な市場から得た知見をお客様と共有し、変化していくお客様のニーズに適したソリューションを提供することができると考えています。

About us - Timeline -EN-08-2019-Re

運用手法および運用戦略

運用チーム

各運用チームは、それぞれの資産クラスや運用プロセスに最も適切なメンバーで構成され、高い機動性を有しています。専任のリサーチ・アナリストと密接に連 携して運用を行うチームがある一方、主にチーム内のリサーチや見解に基づいて投資判断を行うチームもあります。当社ではハウスビューに基づくトップダウン・アプ ローチは採用しておらず、適切なリスク管理の下で各チームが一定の柔軟性を持ちつつ運用を行っています。

リスク管理

ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズは、運用アプローチにおいてリスク管理を非常に重視しています。斬新な考え方や創造性を奨励する一方で、それらは常 に把握可能かつ適切な管理の下で発揮されるべきであると考えています。市場を上回るパフォーマンスを達成するには、ある程度のリスクテイクが必要であると認識 する一方で、リスク水準がお客様の想定と運用担当者の意図に沿ったものになるよう管理を行っています。

「ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズでは、各自が運用資産の所有者のように責任を 持って業務に臨んでいます。これは、優れた投資成果を追求するという自らの行動に誇りを持つことを意味します。またお客様の信頼に応え、常に責任をもって行 動する、ということでもあります。」”

ジョージーナ・フォゴ、CRO(最高リスク管理責任者)[写真]

運用戦略の設計と情報開示

私たちは運用サービスのあらゆる面において、お客様を第一に考えています。運用戦略は変化するお客様のニーズに対応できるよう設計されており、運用担 当者は、自らが設定した目標または顧客と合意した目標を達成すべく、極めて明確な評価基準に則して運用を行います。運用手法におけるプロセス、ポジショニ ング、目標達成までの進捗状況などに関する透明性を特に重視しており、運用チーム、営業サービスチームはあらゆる段階でお客様への情報開示に対応するよ う努めています。

運用戦略と運用チームの概要

世界各地の運用チームが主要な資産クラスに関する専門知識を活用し、下記の5分野において、様々な運用戦略を提供しています。

*2020年03月31日現在

KNOWLEDGE SHARED
(ナレッジ・シェアード)

ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズでは、専門的な知見を共有することにより、投資やビジネスにおいてより良い判断を行うことができると考えており、この取り 組みを「Knowledge Shared(ナレッジ・シェアード)」と呼んでいます。この取り組みは、当社の運用プロフェッショナルによる多数の投資アイデアに反映されるだけで なく、お客様のニーズを理解するための取り組みにも活かされています。「Knowledge Shared」は、運用プロフェッショナルの専門知識や知見をお客様に広く活用 して頂くという私たちの決意を示しています。

Knowledge. Shared(ナレッジ・シェアード)とは

  • 専門的な知見を適時に提供 –十分な情報に基づく投資判断を行えるよう、運用チーム内のみならず、お客様とも知見を共有します。
  • 継続的な対話 – お客様のニーズに耳を傾け、ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズの専門知識やソリューションを活用して頂くことにより、 お客様の投資目標達成をサポートします。
  • 高い透明性 – ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズの見解や、運用手法、ポートフォリオのポジショニングなどについて、率直かつ明快にお 伝えします。

Richard M. Weil | Janus Henderson Investors「私たちは運用チームの有する知的資本を活用できるよう心掛けています。例えば、市 場動向を左右するイベントの発生時に、すばやくコメントを提供したり、市場に影響を及ぼす要因に関する率直な見解を提供しています。私たちは、このような情 報提供がお客様の理解を深め、お客様が投資判断を行う際の一助となるよう、努めています。知識は共有してこそ力を発揮します。」”

ディック・ワイル、CEO(最高経営責任者)

about-us_knowledge-shared-310319

お客様との関係

ャナス・ヘンダーソン・インベスターズでは、お客様がすべての中心にあります。この表現は運用業界でよく使われますが、ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズ にとっては、確信に基づく実践的な哲学です。これまで築いてきたお客様との関係は私たちの財産であり、これからも構築していくべきものと考えています。

協調体制

お客様に提供する投資成果は運用会社としての成功のバロメーターであると考えています。この最終目標の達成に向けて全てのチームが一丸となって努力す ることにより、ダイナミックで生産的な協調体制を築いています。このような協力的な姿勢は、お客様との日々のやり取りや、運用プロフェッショナルによるビューの提 供、問題の解決に向けたお客様との協働などにも広がっています。

多様性と強み

運用会社の多くは、自国資産を選好するホームバイアスを持つ傾向がありますが、ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズはグローバルな発想でグローバル市場 の資産を運用しています。英国を本拠地として米国と豪州の株式市場に上場しており、米国内と米国外でほぼ同規模の運用資産額を有しています。米国、欧 州、アジア・太平洋の運用チームが、世界中の機関投資家から個人投資家まで幅広いお客様に220戦略*に上る運用サービスを提供しています。このような運 用戦略の多様性は、お客様との関係において重要です。多様性のある運用戦略を提供するということは、各市場に精通した人材を配置してグローバルな知見を 共有し、様々な戦略を革新的な手法で組み合わせ、世界規模のお客様とパートナーシップを結び、グローバル市場での運用実績を積み上げていくことを意味す るからです。

* 出所:ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズ、 2020年03月31日現在.

強力なパートナーシップの構築

お客様に代わり投資判断を行うことの責任を、私たちは重く受け止めており、優れた投資成果をお届けできるか否かによってお客様の将来の計画や資産の保 全が左右されることを認識しています。お客様との関係は、単なる取引上のものではなく、信頼の上に築かれたパートナーシップであると考えます。私たちは単に商 品を提供するだけの運用会社ではなく、お客様のパートナーとして、投資の全プロセスを通じてサービスを充実させ、自らの知見に磨きをかけるべく努めています。